殖やさないことが大事

地域猫という概念がなかなか定着しない。というか、まだまだ周知されていない現状だ。お腹を空かせて可哀想だから、毎日餌やりに通う人がいる。一時、この辺りも野良猫が爆発的に増えた。
数年前、ワンコのお散歩をしているある方に出会い、TNRの重要性を知った。ボランティア価格で不妊手術をやってくださる病院があるからと、捕獲後は搬送を手伝って下さった。個人レベルではあるが、努力の甲斐あって、この辺りは野良猫が増えていない。でも、同じ町内の少し離れたところには、まだまだいるようだ。ということで、お腹の大きい若い猫がいると聞いて、とりあえず捕獲器1つだけ持って行ってみた。優しい身勝手な餌やりさんのおかげで、お腹は満たされていて捕獲器にはかからない。あきらめて一旦帰宅、時間をあけて再度チャレンジ!
あら、見かけない子がこっちに近づいて来た。この際、どの子でもいいから、捕獲しよう。餌を仕掛け、少し離れたところから見守る…
はいった〜良かった、♂♀わかんないけど、どっちでも構わない。翌日の予約がとれているから、うちで1泊過ごしてもらい病院だ〜

 

手術後は病院の有料搬送を利用した。戻って来た黒サビちゃん、♀でした。腹子がいたそうで、それも引き取りしなくてはならない。クーラーボックスに入れられた小さな箱を受け取った。冷凍保存されていた。後で、近所の秘密の場所、ニャンコ達が眠るところへ埋葬、合掌。

 

黒サビちゃんは捕獲器の中で、威嚇する事もなく大人しく過ごし、毎日しっかり食べて体力をつけてから、元いたところに帰って行った。後日、元気にしていると近所の餌やりさんから報告を受けた。
重点的に、一斉にやらなければならないのは承知しているが、今回は他にも色々あって予算の関係もあり、とりあえず終了。ここんとこまたニャンコ友達ができたので、カンパを集めて団結して次回はやるぞ〜!
耳カットされ『さくら猫』になった黒サビちゃん、ごめんね、元気でいてね。

病院でこんな便利なショルダーが販売されてた。捕獲の時は毎回、不要なシーツなんかで捕獲器を包んで搬送していたけれど、オシッコされたりして悩みの種だった。防水だし丈夫だし、デカい捕獲器がスッポリ入る、にゃんと!1,300円だった。これオススメします!

FullSizeRender (3) IMG_2623

ただいま授乳中

毎年この時期になると、捨て猫や野良さんの生んだ子をみつけたり、シェルターさんからの預かりで大忙しだ。
生後何日も経ってなくて、臍の緒が付いてて、ちっこくて、今回は4兄弟だ。保護主さんが言うには、段ボールに入れて捨てられていたそうだ。カラスに狙われていて、既に1匹の下半身がやられて亡くなっていたらしい。折角助けられた命。しっかり繋がなくてはと思っていたが、残念ながら3匹が旅立ってしまった。母ちゃんの乳飲み子育ては初めではなく、要領もわかっていたし、細心の注意を払っていたのに…。せめて残ったこの子だけは、ちゃんと大きくしてあげて、よいお家に譲渡しなくてはいけない。
日々緊張の連続だったが、ようやく4週が過ぎた。後脚がしっかりしてきて、なんとなく猫らしくなってきたかなぁ…仮名モフモフとした。
元気で大きくなれよ、モフモフ~!
母ちゃん日々奮闘中〜!
IMG_3177  FullSizeRender (7)

はじめまして

五十路の母ちゃん家は、気が付けば3男5女の大にゃんこ家族。

上は17歳から下は1歳まで、毛色が違えば性格も違う、猫という生き物は興味深い。彼らを愛おしく思える今日この頃。
うちのニャンコは長生きな方だと思う。
初代のマルは16歳、老衰で逝った。
母が夜の繁華街で冬の寒い日に拾ってきたのだ。黒い子猫と茶トラの2匹がいたそうで、茶トラを連れて帰ってきたと。まだ生後2ヶ月くらいだったから、きっと親は餌を探しに出てたのだろうな。
私が生まれた時から、うちには犬がいたし猫もいた。犬と触れ合った記憶はあるが、猫の記憶は全くないのだ。母は果たして猫好きだったのだろうか…聞いてみたことがなかった。私も大して猫には興味がなかった。
マルは初日から私の枕元で寝てた。もその当時はまだ、動物病院なんてあったかどうかも知らない。ノミがいるのがわかったので、蚤取りのパウダーなる物を母が買ってきて、体にまぶしてやった。見事蚤はいなくなった。今のように便利なスポッツタイプの蚤取り薬なんてなかったんだろうな、なんせ40年近くも昔のことだから。
写真だって今のようにスマホで撮れて、なんて環境にはなくてフィルムを入れるアナログなやつ。しばらくして写ルンですが発売され、沢山写真を撮った物だけれど、フィルム保存してあるが、紙焼きの写真は劣化してしまってる。
二代目はチロ。あの子は13歳で逝ってしまった。近所で拾った子だった。マルは8歳になっていたが、甘えん坊のチロの面倒をよく見てくれていた。チロは病気で、一時は回復したかに見えたが、治療の甲斐なく可哀想だった。
チロがまだ元気だった頃に来たのが、もこぞうだ。右下の黒猫。彼女は私が職場近くで拾ってきた。まだ目が開いておらず、民家のガレージで1匹だけ、ピーピー鳴いていた。出勤途中だが気になって仕方なく、拾って職場に行って段ボール箱をもらい、寒くないように暖かい場所に置かせてもらった。まだ4月の初めで花冷えの頃だったのを覚えている。
はじめ2