ロージーとデイジー

先日TNRした二匹の猫は母と娘だそうです。

で、その母猫は居ついているパチンコ屋で出産、3匹の子猫が確認されました。風邪気味やら目ヤニやらが酷く、TNRメンバーのTさんが目薬を獣医さんにもらいに行ったりして慌ただしく動いてくれました。

そのうちの1匹を預かることに。で、またもう1匹も我が家にやってきました。二匹の女の子。姉妹だからそっくりです。見分けが付きません。

IMG_5583

 

唯一異なるのは、目です。聞くところによると、ガードマンのおじさんが人間用の目薬を差してあげていたらしく、よくなるものも良くならなかっのかと思われます。白濁してしまい、失明に近い状態らしく、手術すればよくなるかもしれないが、麻酔のリスクもあるし・・・様子をみることにしました。

名前がないと呼ぶに呼べず、目が白濁した子をロージー、正常な子をデイジーと名付けました。

IMG_5654

二匹ともとっても人懐こくて元気です。

お腹の具合も良いです。

さてと、良いお家にご縁がある事を期待しようっと…

と思っていた矢先、

保護してくれたメンバーのTさんから、デイジーと引き取ると申し出がありました。そして、デイジー改めリリさんとなりましたとさ。

で、残ったロージーが不憫やなぁ。

 

…結局ね、ロージーは目が不自由だし、我が家の茶助と仲良しになったようで、うちの子になりました。

元気で幸せに過ごしておくれ、お転婆ロージーさん。

どうぶつ基金の不妊手術無料券

TNRとは

個人で続けてたTNR、ボランティア価格でやってくれる獣医さんを紹介してもらったものの、うちからは遠い、遠すぎるのだ。いつも友人が搬送役を買ってくれるのだが、申し訳なくて・・・もっと近くにそんな動物病院があったらな、送迎してくれる病院があったらな、どんなに便利か…ある時Webサイトで『どうぶつ基金』さんの存在を知った。なんと、無料の不妊手術券が頂けるのですよ。

さっそく応募してみた。申請書の記載は少し面倒にも感じたが、有難いことに5枚いただけました。

まずは、親子の雌猫さん。餌やりさんに慣れているので、捕獲機は不要とのこと。チームのメンバーがキャリーを2つもって現場へ。さっと抱き上げて楽々キャリーに収まったそうです。みんな仕事があって病院に搬送できないので、送迎を予約し翌朝お迎えに。

IMG_5714

 

そして手術を終え病院で1泊し、翌日の夕方元気に戻ってきました。

1代限りの命…どうか元気ですごしておくれ、ごめんね、怖い目にあわせちゃって…

FullSizeRender