殖やさないことが大事

地域猫という概念がなかなか定着しない。というか、まだまだ周知されていない現状だ。お腹を空かせて可哀想だから、毎日餌やりに通う人がいる。一時、この辺りも野良猫が爆発的に増えた。
数年前、ワンコのお散歩をしているある方に出会い、TNRの重要性を知った。ボランティア価格で不妊手術をやってくださる病院があるからと、捕獲後は搬送を手伝って下さった。個人レベルではあるが、努力の甲斐あって、この辺りは野良猫が増えていない。でも、同じ町内の少し離れたところには、まだまだいるようだ。ということで、お腹の大きい若い猫がいると聞いて、とりあえず捕獲器1つだけ持って行ってみた。優しい身勝手な餌やりさんのおかげで、お腹は満たされていて捕獲器にはかからない。あきらめて一旦帰宅、時間をあけて再度チャレンジ!
あら、見かけない子がこっちに近づいて来た。この際、どの子でもいいから、捕獲しよう。餌を仕掛け、少し離れたところから見守る…
はいった〜良かった、♂♀わかんないけど、どっちでも構わない。翌日の予約がとれているから、うちで1泊過ごしてもらい病院だ〜

手術後は病院の有料搬送を利用した。戻って来た黒サビちゃん、♀でした。腹子がいたそうで、それも引き取りしなくてはならない。クーラーボックスに入れられた小さな箱を受け取った。冷凍保存されていた。後で、近所の秘密の場所、ニャンコ達が眠るところへ埋葬、合掌。

黒サビちゃんは捕獲器の中で、威嚇する事もなく大人しく過ごし、毎日しっかり食べて体力をつけてから、元いたところに帰って行った。後日、元気にしていると近所の餌やりさんから報告を受けた。
重点的に、一斉にやらなければならないのは承知しているが、今回は他にも色々あって予算の関係もあり、とりあえず終了。ここんとこまたニャンコ友達ができたので、カンパを集めて団結して次回はやるぞ〜!
耳カットされ『さくら猫』になった黒サビちゃん、ごめんね、元気でいてね。

病院でこんな便利なショルダーが販売されてた。捕獲の時は毎回、不要なシーツなんかで捕獲器を包んで搬送していたけれど、オシッコされたりして悩みの種だった。防水だし丈夫だし、デカい捕獲器がスッポリ入る、にゃんと!1,300円だった。これオススメします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク